オリジナルのゴルフマーカー専門店

  1. トップページ
  2. 今更聞けないボールマーカーの置き方

今更聞けないボールマーカーの置き方

基本的なボールマーカーの置き方

サンプルイメージ

 

ボールをマークする時、規則上ボールを拾い上げる前にボールマーカーでマークし拾い上げます。必ずどこどこに置かなければいけない!!との決まった場所はないけれども、ボールのすぐ後方に置くのが好ましいと推奨されています。

【Q&A】
Q.ボールマーカーに大きさの決まりはありますか?
A.ボールマークには小さなコインや同様のものとの規則はありますが、これにあてはまらない物を使っても罰則はありません。(ゴルフ規則裁定集20-1/16)

Q.ボールマーカーは円形のものしかダメですか?
A.ボールマークには小さなコインや同様のものとなっています(ゴルフ規則裁定集20-1/16)が、形についての規定は特になく、円形の物でなくても構いません。

Q.グリーン上では必ずマークしないといけないんですか?
A.例えば、後から打つ場合グリーン上でマークしていないボールを打ったとしても罰はありません。ただ、一緒にプレーをしている同伴者の妨げになるようならばマークするのがマナーではあるかと思います。

Q.実際にボールが止まっているところより離してマークしてもいいんですか?
A.2インチ(5センチ)以上離してマークするなど、プレーヤーにとって有利になるようなマークの仕方は、正確にボールをマークしたとは言えません。不正確なマークをした場合は規定(ゴルフ規則裁定集20-1)により、ペナルティとして1打罰となり、ボールを拾い上げた場所に出来る限り近い場所からへリプレースしなければなりません。

置いたボールマーカーが妨げになる場合の対処

サンプルイメージ

 

置いたボールマーカーが、他のプレーの妨げになる場合や、スタンスやストロークの妨げになる場合は、パターヘッドの1つか2つ動かす事になります。例えば図のようにBさんのマーカーがAさんのパッティングラインにある時は、AさんはBさんに妨げにならない場所へ動かす事を要求できます。その時の対処法が下記の順序になります。

1.Bさんのボールの後ろにボールマーカーを置く
2.Bさんのボールを拾い上げる
3.パターヘッドで測り、要求された方向へ移動
★Aさんのパットが終わりBさんの打順になる
4.パターヘッドで測ってもとの位置へオールマーカーを戻す
5.ボールをリプレースしてマーカーを拾い打つ

【Q&A】
Q.ボールを元の位置に戻し忘れてリプレースした場合どうなりますか?
A.誤所からプレーをはじめたことによりペナルティとして2打罰が科されることになります。ですが、重大な違反に該当しないので再度プレーをやり直す必要はないです。

ページのトップへ

Copyright © オリジナルのゴルフマーカー専門店 All rights reserved.